FC2ブログ

認知症の夫と共に さくら日記~ワンダフルライフをめざして~

若年性アルツハイマー型認知症になった夫との夫婦の歩みの記録

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『完』

病室の桜の花びらが舞う3月1日の朝

夫は72年の人生の幕を下しました


そして

どこまでもロマンチックに・・・

3月3日 お雛様の今日

夫とのお別れの式を滞りなく済ませることができ

夫は空に輝く星になりました



思いもかけなかった誤嚥性肺炎の発症

それから命と向き合う日々を過ごすことになりました


夫はどう生きたかったのか・・・

その答えを考える都度

私たち家族の選んだ道にかげりはなく

平常心で夫に向き合うことができました


常々このブログにも書いてきました通り

最後にお世話になった病院では

とても優しく穏やかな気持ちで

自宅にいるように毎日を過ごすことができました


食べることが許されなかった夫ですが

最後は大好きな大好きなビールを

口に含ませてあげることができました


夫さん良かったね、美味しいね・・・

看護師が共に涙を流し見守ってくださいました


病院を後にするとき


お二人とも永きにわたり本当によく頑張られましたね

ご主人はきっと奥様にたくさん感謝されていると思いますよ

私たちも奥さんの姿勢にたくさん学ばせていただきました

しばらく大変でしょうけれど、お身体大切にお過ごしくださいね


師長がそう言って私たちの歩んできた道を称えてくださり

病棟のスタッフ全員で外まで出て最後まで見送ってくださいました


夫が認知症になり私たち夫婦の生活は激変しました

それほどに認知症というのは残酷な病です

その思いは今も消えませんが


その病と戦い抜いた夫

その夫に心身共に寄り添ってこられたこと

とても充実した時間を過ごすことができたこと


本当に本当に幸せに感じています


そんな思いで締めくくることができたのは

私たち夫婦を支えてくださった周りの方々の力なくしては

なし遂げることはできませんでした


そしてこのブログを通じ多くの方から応援を頂きました

見ず知らずの私のブログに立ち寄り

共に共感し、喜び、励まし、悲しんでくださったこと

どれほど心強かったことか・・・

この場をお借りして全ての方に心から感謝申し上げます


皆様に頂きました「愛」を胸に

これからは夫の遺影に語りかけながら

心穏やかに過ごしていきたいと思います


  夫の遺影は特養に入所して2年ほどたったころ

  隣街の公園まで二人でドライブに行った時に撮った

 笑顔いっぱいの写真にしました

 その溢れそうな笑顔の夫が大好きでした





♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡
くぅ様  
いつもコメントありがとうございました
くうさんのお陰でブログでのつながりを楽しむことができました

kotobuki様
音楽のプレゼントありがとうございました
頂いた全てを聞かせることはできませんでしたが
これからは私が引き続き楽しませていただきます
優しい心遣いをありがとうございました

ルッコラ様
私の心を感じてくださり共感していただき心から感謝しています
ご主人との時間を大切にお過ごしくださいね

onorinbeck様
いつもコメントありがとうございました
そのコメントにたくさんの力を頂きました
これからも素敵な写真を楽しみにさせていただきますね

柊南天様
すごく誠実に認知症に関わっていらっしゃる柊南天様
あなたのような方が認知症に関わってくださっていること
とても心強く思っています

つばさぐも様
いつも優しいお心をありがとうございました
つばさぐも様もお身体ご自愛くださいね

スリブリ様
同じように認知症の介護をされていて
そして認知症介護の講演等に尽力されているスリブリ様を
いつも尊敬申し上げています
ご自身もご自愛されながら益々のご活躍をお祈りしています

mjiji様
夫を認知症という病に翻弄されて悩み苦しむ立場として
mjiji様のお心を思うとき心が苦しくなります
どうかご主人との時間を大切にされてくださいね

はるま様
いつも素敵な写真で私の心を癒してくださいました
写真からにじみ出るはるま様の優しい心をいつも感じます
ありがとうございました

アワキビ様
すごく頑張っておられるアワキビ様の生き方とても勉強になりました
これからも素敵なご主人と楽しく過ごしてくださいね

FirstMESA様
未知の世界をたくさん感じさせていただきました
本当にありがとうございました

らら様
同年代のらら様の認知症介護、その向き合い方にいつも感動していました
娘さんとお孫さんに囲まれ介護とは別のお時間も楽しまれてくださいね

イヴまま様
ブログという場所でつながるご縁で
素敵なアクセサリーをありがとうございました

窓様
いつも心優しき窓様
あなたのお心がとても嬉しかったです
ありがとうございました

たんぽぽ・ママ様
ゆったりしたたんぽぽ・ママ様の介護にいつも感動していました
これからもゆったり穏やかに過ごされますようお祈りしています

芽吹様
たくさんのことを学ばさせていただきありがとうございました


そして非公開コメントを頂いた多くの方々
いつもいつも訪れてブログに足を止め読んでくださっている方々


多くの方々の優しいお気持ちに触れることができ
厳しい現実の中、本当に心穏やかに過ごすことができました



たくさんのありがとうが届きますように・・・




認知症の夫と共に さくら日記~ワンダフルライフをめざして~


夫と二人で追い求めたワンダフルライフは

本日、無事に完結を迎えることができました



本当にありがとうございました




『完』







♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~
認知症に関するこのブログはこれで「完」となりますが

長い間休眠状態のもう一つのブログがあります

いつか私の心が落ち着き再開する気持ちになりましたら

今までご支援頂いた方々のブログに

「さくら」としてではなく訪問させていただきます

いつの日かまたお会いできますことを祈りながら・・・





スポンサーサイト
▽コメントリスト

ご報告

本日、夫は72年の人生の幕を下ろしました

50代60代は認知症に翻弄され苦しんだ時期もありますが

最後は家族に囲まれ

とても穏やかな毎日を送ることができたと思います

私たち家族も夫と過ごした日々に後悔はありません


皆様には沢山の応援を頂きました

そのお礼はまた改めてお伝えしたいと思いますが

とりあえずご報告をさせていただきます


本当にたくさんの応援メッセージありがとうございました



▽コメントリスト

ひとときのやすらぎの時間

夫の病室に私の友人が

夕食やお土産を持って訪ねてきてくれた


夫と同じ特養にお義母様も入所していたので

色々な話が通じ盛り上がる


今の夫に会ってもらっても何も気兼ねをすることはない

心許せる友人だ


3人寄らなくても次から次へと話に花を咲かせられる

女性は本当に素晴らしいと思う(*^^)v

  自画自賛


お陰で楽しい時間が過ごせ

張りつめていた私の気持ちも少し軽くなった


明日からまた週末のお泊り♡

病院での宿泊も慣れ寝られるようになった

夫がくれた時間というプレゼント

大切に過ごそうと思う




▽コメントリスト

感謝

思いがけず、ブログを読んでくださっている方が

夫の青春時代、私たちが出会った頃の懐かしい歌を

たくさんUSBに入れて送ってくださった


そのお気持ちがとてもあたたかくて・・・

ありがとうございましたm(__)m


受け取ったその日から早速夫に聞かせている

きっと懐かしい思いで聞いていてくれると思う


片方のイヤホンで聞いていると

懐かしくて・・・

そして色々な思いが交差して涙が出てしまう


夫と出会って本当に良かった

もう一度生まれ変わったら

やっぱりお相手はあなたしかいない



そんな思いにさせていただきました

心から感謝ですm(__)m




▽コメントリスト

紅白の梅

今朝、駐車場に荷物を置きに行き

ふと、隣のテニスコート横の公園に綺麗に咲いている木を見つけた

夫の病院を片隅に入れて撮影・・・


IMG_7309 (003)20

IMG_7312 (002)20


IMG_7314 (002)20

IMG_7311 (002)20


公園入口に2本

その姿だけで紅白の梅だろうと


お花が大好きだった夫


こんなところに・・・綺麗だね~


そう言って車を止めて見ていこうと言っただろう

私には夫と交わしたはずの会話が想像できる



撮ってきた写真を夫に見せながら妄想です



▽コメントリスト

咲きました

IMG_7295 (002)30


朝起きたら・・・

沢山咲いていました

本当にうれしい


「サクラ咲いたよ~」


大きな目を開けていた夫に声をかけた


今日のうちに全て咲きそうだ

また新しい桜を買ってこなくっちゃ♡




♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~
ところで、お花のことをよくご存じの皆様にご質問

彼岸桜と書いてあったこの桜本当に彼岸桜ですか?

イメージしていた花弁と少し違ったので・・・

綺麗に咲いたので違っていても全然構わないのですけれどね


▽コメントリスト

もうすぐ

もうすぐ咲きます

昨日は固いつぼみだったのに

こんなに膨らんできました

つぼみが膨らんできたので

スイートピーとカスミ草には移動してもらい

桜の枝だけにしました


明日にでも咲きそうです


IMG_7271 (002)30


IMG_7275 (002)30





▽コメントリスト

窓辺に・・・

IMG_7231 (002)

  【冷蔵庫の上で】

IMG_7247 (002)

  【窓辺にて】
  


まだまだ枝のみ

そして場所も取るし

たくさんあった桜の枝を減らして

スイートピーとカスミ草をプラスした・・・


看護師さんたちに


桜なの?すごい!

妻の愛ですね~♡


と、からかわれてしまいました^^;


妻の愛か・・・

そうね~


あなたに桜の花を見せたい一心


その思いはやっぱり、愛あればこそね


そうしておきましょ(=^・・^=)



【病室にて・・・】


♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~♡~
夫が今入院している療養型病院は会社から車で7分の距離にある

今まで利用してきたデイサービスや特養

先日まで入院していた急性期病院などは

全て会社から5分圏内にあった

だからいずれもお昼休みと仕事帰りに行くのが私の日課だった


夫が初めてデイサービスを利用するにあたり

ケアマネさんから勧められたのは自宅近くの施設だった

けれど、私がそれを望まなかった


自宅近くでお知り合いの方たちと若い夫を

同じ所に通わせる気持ちに到底なれなかった

そして一番は

会社から近くで私が直ぐに行ける場所というのが

譲れない私の希望だった


それらが会社を取り巻くような場所にあり

今更ながらとても恵まれた場所だと感じている

しかも息子の会社も近くにあり、娘の自宅もわりに近くにある


そんな中で今の病院に転院するときに

2つの転院先を提示された

いずれも急性期病院の分院だが

一つは隣の市で会社から15分ほどかかる

随分遠いよね!という家族全員の一致した意見だった^^;


今いる分院に是非に!と

断固!丁重に!お願いしてあった


お陰でお昼休みと夕方夫のもとに

通い続けることができ私はとても幸せなのだ








▽コメントリスト

桜の木

ふと立ち寄ったお花屋さんで桜の木を見つけた

早速、明日花瓶と共に夫の病室に届ける

まだつぼみは固いが燦燦と降り注ぐ太陽の日差しに

びっくりして早く咲いてくれるのではないかと期待している


明日は夫の部屋に宿泊の日


今日はすでに私のベットに

新しいシーツをかけたお布団が用意されていた


その心遣いが本当にありがたい


明日は泊まられるのですよね


会う看護師皆さんに声をかけられた


奥さん毎日来られていますがお体大丈夫ですか?

無理なさらないでくださいね


師長さんが部屋に来られて心配された


私たちはスタッフ全員に守られている

そんな気持ちになれた


病院では寝られないんじゃない?

と子供たちに心配されたが

それでも夫と同じ部屋に宿泊できることの方が

私には貴重なのだ


子供たちもそれは分かってくれている


桜の花が早く咲きますように・・・




▽コメントリスト

病室にて

今日は病室でブログを書いている

この病院もWi-Fiがないのでiphoneにつなぎ使用


夫にイヤホンの1つを入れ

片方は私の耳に入れ同じ音楽を聴いている

それがなんだかとても自然な光景なのだ


夫は認知症になってたくさんのことができなくなったが

夫が認知症になって出来ることが増えたこともある


元気な夫婦だったら照れくさかったりして

絶対にしないようなことを平気でできるようになった

それは一方で必要に迫られてということになるが


例えは、歩くときは必ず手をつなぐ


夫の性格と、そして海外生活が長かったので

認知症になる前も同年代の他のご夫婦よりは

そういったことが自然にできる人だった


けれど、外国ならまだしもここは日本

いい年?して手をつないで歩くなんてと感じて

出来なかったかもしれない

  でも、認知症になり手をつないで歩かないと危なくなり

  必要に迫られて手をつなぐことが普通になった


一つのイヤホンを1つずつ使って音楽を聴くなんて

それも多分しなかったと思う


返事をしない夫に話し掛けるなんてことは

返事しないなら話しない!などと考えたかもしれない


海外生活で長く一緒に暮らせなかった私たち

その分をこんな形で取り戻すなど

全く想像もしていなかった


けれど

夫は認知症という形で夫婦としての時間の帳尻を

合わせてくれているのかと思うと

それもまた感慨深い(=^・・^=)



IMG_7220 (002)


【病室より  一昨日の夕焼け】


昨日はスーパームーンを見たくて空を見上げたけれど

残念ながら雲が厚くて見えなかった



▽コメントリスト

右サイドメニュー

プロフィール

さくら

Author:さくら
夫71歳、妻65歳、それぞれ別世帯を持つ息子と娘、孫4人。夫は2000年53歳の時認知症を疑い初受診、その後5年の歳月をかけ58歳で若年性認知症と診断された。その夫とワンダフルな夫婦の時間を追求し続けている。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

書籍のご紹介

さくら日記~ワンダフルライフをめざして~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。